増える体重のメカニズム

増える体重と生理

体重が増えることと生理は深く関わりがあります。

 

一般的に言われている不当条件って『食事で取り入れたカロリー量が体内で使うカロリーより大きい時』です。

 

しかし、実はこれ以外にも女性は体重が増える原因があります。それが生理の時なのです。生理になると体重が増えるという女性は、ホルモンの分泌量によって体重が増えるとされています。

 

黄体ホルモンの作用によって水分や塩分を体が蓄積しやすくなるのは、排卵から生理にかけての数日間です。この状態をPMS(月経前症候群)と呼びます。

 

体重以外にも、胸のハリ、肩こり、腰痛、むくみ、便秘、下痢、吐き気、ニキビ、疲労感、眠気などの身体的変化やイライラ、過食、無気力、など心の変化を感じたことはありませんか?この多くはPSMと呼ばれる状態なのです。

自分で出来る!PMS(月経前症候群)改善法を知りたい方はコチラ

 

生理中に体重が1キロ程度増えるという人もいますが、これは普通の症状です。水分や塩分を体内に蓄積する必要がなくなった生理後は、体重は元通りになります。せっかくダイエットしても、生理の度に体重が増える体重が戻らないからとダイエットをあきらめてしまう人がいます。

 

また、ホルモン分泌の作用のより生理になるとたくさん食べたくなる人もいます。気持ちに負けて食べたいだけ食べては、体重が増えるのは当然です。生理中だからといっても、甘い物や油ものはほどほどにしましょう。

 

本来、女性に備わっている機能を取り戻し、 月経血をコントロールすることができれば、
生理前や生理中の不安やイライラは改善することができるのです

 

  • 「生理が続く限りこの煩わしさから逃れる事はできない・・・」
  • 「PMSは体質だから仕方ない・・・」

 

もし、あなたがこのように思っているのであれば、大きな勘違いをしています。実は、PMSや毎月の生理を煩わしくしている原因はストレス子宮や卵巣の圧迫なのです。本当の原因はここにあるのですが、多くの女性はこの知りません。

 

あることを実践するだけで
月経血をコントロールできるようになり、PMSが改善され体重もコントロールできるのです。

PMS改善の具体的なやり方はコチラ

増える体重を抑えるには

 体重が増えるのはカロリーバランスのためです。食事で取り入れるカロリーを減らし、消費カロリーを増やしましょう。カロリー摂取量を減らすには、油脂や糖類の多いものや肉類を少なくし、カロリーの高い食べ物を減らして栄養バランスを整えることです。

 

 外で食事をする機会が多いと、野菜や果物の少ない、カロリー量の高い料理になりやすいといいます。増える体重を食い止めるには、食事の内容を見直し栄養バランスを整えることです。体重を落とすには、どんなことが有効でしょう。体重が増えるのでカロリー量を減らすという取組は有用ですが、その他にもしたいことはあります。急にカロリー量を減らすと、人間は基礎代謝を低下させることによって少ないカロリー量で健康に問題が起きないようにします。

 

 中途半端なダイエットは体重が増えると言われているのは、人間のこのような機能のためです。たくさんの栄養を広く確保することが、食事の改善のコツです。体内でより多くのカロリーを燃やすには、電車内で椅子に座らない、エスカレーターやエレベーターは使わない、家事をよくするなどです。使うカロリーの量を多くするには、できるだけたくさん運動をするんだと自分に言い聞かせることです。常に増える体重を意識して、自分からどんどん体を動かす事が大切なのです。

 

増える体重のメカニズム

 なぜ人間の体重は増えるのでしょうか?体重の増加に直面したくなくて、体重を測らずにいたら、知らず知らずのうちに太っていたことがあります。特に旅行や里帰りをした後、お正月やお盆等の休暇明けなど、お酒や外食する機会が多くなる時期は体重が増える可能性が高いものです。結果的に、体重計に乗るのをためらってしまうことになります。体重が増えるという事は多くのものを食べてしまっていたり、反対に食べてしまったものをあまり消費しない自分の生活習慣にも問題があります。体重を減らすには生活や食事を変えることが大事だといいます。そのためには、まずどう変えればいいか、体重が増える仕組みを考えながら決めましょう。

 

 体重が増える仕組みとは、つきつめていえば、使うカロリーが摂取するカロリーより少ないことが原因です。摂取するカロリーとは、普段の食事だけでなくドリンクや間食で得るカロリーも含みます。消費するカロリーとは、生命活動を営むために使っているものです。日常生活や運動などをする時に使われるエネルギーである生活活動代謝も含まれます。基礎代謝には、食事誘導性熱産生という摂取したものを消化するカロリーも含みます。この食べ物を食べたから太る、というわけではないといわれています。使うカロリーと補給したカロリーとを比べて、カロリー消費が少なければ差分で体重は増えるのです。

増える体重のメカニズム関連ページ

発芽玄米ダイエットとは?
発芽玄米を使って痩せるダイエット方法があります。いったいどんな方法なのでしょうか?ストレスがあまり溜まらずに、食事量も特に減らす必要がないときたら気になりますよね!!!
簡単に痩身する方法
簡単に痩身できる方法があれば実践してみたいと思うのが人間です。ここのコーナーでは、身近に出来る痩身術や、痩身に適したエステ店情報等を紹介しています。
内臓脂肪とダイエット
内臓脂肪とダイエットとは密接な関係があります。この関係を理解することで、より効率的にダイエットを成功することが出来ます。そのメカニズムについて解説しております。
体重と減量について
正しい減量の方法で健康的に痩せましょう。太るメカニズムを理解することで、30代40代、50代それぞれの年代にあったダイエット方法を選択して健康的に痩せましょう!
エステサロンの痩身コースとは?
エステサロンの痩身コースとは?どのようなことをするんでしょうか?意外と知らない内容やポイントをご紹介しているページです。痩身効果でいったいどれくらいう痩せられるのでしょうか?
男性と女性の平均体重
我々日本人の体系が戦後大きく変化し、平均身長も高くなったと言われています。では、なぜ?この様な体の変化が起こっているのでしょうか?
女性の体型
女性の体型の特徴は、年齢によって差があると言われています。特に、30代になると体重が増えやすくなるのはなぜなんでしょうか?
痩せる方法
痩せる方法は、いろいろあります。しかし、基本は、摂取したカロリー以上の運動消費を行うことです。一言でまとめちゃうとコレだけです。しかし、年齢によって、消費カロリーが異なるのが痩せにくい理由なのです!
痩身と脂肪
ダイエットを行う上で痩身と脂肪と言うキーワードは、密接につながっています。特に健康に良い痩身とは、体に蓄積されている脂肪を効率的に燃焼し、ダイエットに適した体質にすることを指すためです。
男性の肥満
欧米では、3分の1以上が肥満ともいわれ、社会問題にもなっています。日本でもメタボと言うキーワードを良く耳にしますが、中年以降の男性の肥満は年々増加傾向にあります。
肥満の予防
肥満の予防とは実際問題可能なのでしょうか?肥満体質にならないための方法とは!
子供の肥満の予防
日本でも子供の肥満の予防は大変重要なテーマのひとつです。実際予防する方法はどんな方法があるのでしょうか?
顔が痩せる方法
小顔って魅力的ですよね!顔が痩せるってことは、全体的にイメージが変わってきます。もし、ほんの少しでも顔を小さくすることが出来たら・・・・そんなふうに思ったらこのページを読んでください!
リバウンドの仕組み
ダイエットの方法は、いろいろな方法があります。実践すればそれなりに効果は出ます。しかし、肝心なのはその体系をどうやって維持するかなのです!まずは、仕組みから理解しましょう。
リバウンドを防ぐには
ダイエット成功後の体系を維持するためには???そうです!リバウンドを防がないといけません。これはダイエット以上に大変ですのでしっかりと仕組みを理解してリバウンド対策を施しましょう!
メディカルエステとは
メディカルエステとはどのようなものなのでしょうか?このページでは、メディカルエステについて取り上げております!
カロリーコントロールの必要性
ダイエットを成功させるためには、カロリーコントロールをしっかりしなければなりません。
プチ豊胸のデメリット
プチ豊胸を考えているならば、良い面だけでなく、デメリットも十分に確認しておく必要があります