体重と減量について

体重と減量について

 減量とは、体重を少なくすることです。一般的には、ボクサーなどスポーツ選手が体重をコントロールするために、食事制限やサウナの利用を連想します。ボクサーは、試合前に食事量を減らしたりきつい運動をすることで、体重をコントロールしています。ボクシングとは縁遠い生活わしている我々には、強引な減量は効果的な方法とはいえません。ボクサーは毎日体を鍛えて、試合に備えてすでに体も十分に出来上がっています。

 

 アスリート選手でもない人ならば、日頃から体を動かしているといっても限度がありますので、そこまでの減量は体に悪影響となります。そもそも、短い期間で一気に体重を少なくするような減量は、リバウンドのリスクを高めることがあります。多くの場合、一旦体重を減らしたら元に戻ることはなく、ずっと減らした体重を保ちたいと考える人が多いはずです。リバウンドしないような減量方法で体重を減らすならば、太るメカニズムを知りましょう。

 

 体重がどうして増えるかを知ることで、健康的な減量にはどんな食事、運動、生活リズムが適しているかがわかります。久しぶりに体重を計ったら、体重が増えていたと言う事は誰しもあるものです。自分では特にたくさん食べたわけでもなく、同じように生活しているのに体重が増えてしまった事もあるでしょう。増えた体重を減量するのも大切ですが、日々の体重を管理して健康的な体重を維持する努力を怠らないようする事も大切です。

内臓脂肪をダイエットで減らして病気を防ぐ

 内臓脂肪が体内に増えると、様々な生活習慣病を起こすことがあります。ダイエットで内臓脂肪を少なくする取り組みをしましょう。外見的には脂肪が少なく見える人でも、実は筋肉量が少なく内臓脂肪過多という場合があります。ほっそりしている人であっても、内臓脂肪を減らすためのダイエットが有効なことがあります。ある程度は筋肉がついていた方がダイエットしやすい体質になりますので、普段から運動をしておくといいでしょう。

 

 皮下脂肪が増えると太ってしまいますが、それで病気になる可能性は低いといいます。体内に内臓脂肪が増えると、ドロドロ血が増えて動脈硬化などの疾患が発生しやすくなってしまいます。健康面から考えると、内臓脂肪が蓄積されているという人はダイエットで燃焼させておくべきでしょう。糖尿病にかかりやすい人の中には、体重だけを見れば平均的でも、内臓脂肪が多い状態にある人が含まれています。内臓脂肪量が多いと、高脂血症や脂肪肝のリスクも高いというデータも存在します。腹部に脂肪が集中しているという人は特に、ダイエットで脂肪を燃焼させることで健康維持をはかる必要性が高いといいます。

 

 血液を介して脂肪は運ばれたり蓄積されたりしているので、内臓脂肪は増えやすいですが減りやすいともいいます。有酸素運動を中心としたダイエットで、内臓脂肪を減らして積極的におなか周りのサイズダウンを目指しましょう。

減量には食事を見直す方法が大切

 体重を減らす為に食べる量を減らして、減量しようとしている人は少なくないと思います。カロリー制限を行う時は、食事の内容にも気を配りましょう。基礎代謝の向上を意識しながら減量をすることで、スムーズに体重を減らすことが可能です。体内の筋肉量を多くすることで、食事制限によるダイエット効果をより期待することができます。基礎代謝の高い体質になるには、ダンベルやストレッチなど筋肉を増やす運動をするといいでしょう。長期間に渡って筋トレを行うことで筋肉増強効果があり、基礎代謝が増します。また、筋トレ運動そのものが消費エネルギー量を増やします。毎日筋トレをしなければ効果がないと思いこんでいる人もいますが、減量が目的であれば週に二度から三度の方が効率的です。

 

 また、食べ物を改善することで、より筋肉を増やしやすくなります。体重を減らす事を目的としているからといって、低カロリーのものばかり食べていると、基礎代謝が下がってしまいます。質のいいたんぱく質を摂取することで、筋肉の材料を補充することができます。減量という言葉で連想するのは、脂肪や肉を使わない食事をすることでカロリー制限をするという方法です。カロリーの少ない食事を続けていると、体が低カロリーの食事に順応して脂肪を燃やさない体になります。減量したいならば、たんぱく質を意識して取るようにする事が大切です。たんぱく質でも低カロリーである鶏肉、納豆、豆腐、ヨーグルトなどを摂取しましょう。基礎代謝を高めるため、たんぱく質を補給し筋トレをすること。そしてカロリー摂取量が消費量を上回らないようにすることが減量のコツです。

 

減量と体重が増えるメカニズム

 減量を効果的にすすめるには、体重が増えて体が太るメカニズムを知る事が早道と言えます。人間が摂取するカロリー量が、消費するカロリー量より多くなった場合、余剰分が脂肪として蓄積され体重が増えます。通常、人体は摂取したカロリーをエネルギー源として生命活動や運動を行います。摂取カロリーが多すぎると、もしもの時に備えて脂肪とするのです。脂肪を燃焼してエネルギーを得なければいけない状態になれば減量ができます。

 

 そのためには、使うエネルギーを得るエネルギーより多くします。摂取カロリーとは、主に食事から体内に取り入れるカロリー量のことをいいます。人は、生きていくために一定のカロリーを消費しています。循環器や心肺機能を維持する生命活動に費やすエネルギーと、運動など体を使うために消費するエネルギーです。基礎代謝というのは、消費エネルギーの7割を占めています。基礎代謝の高い体になれば、自然と減量効果が出てきます。

 

 すでにダイエットを実践している人は低カロリーの食事に体が慣れてしまっていたり、たんぱく質の不足によって、基礎代謝が低くなっている場合もあります。低下している基礎代謝を上げるため、たんぱく質を多めに取り入れ、適度な有酸素運動を習慣づけることが効果的だといいます。基礎代謝をアップさせる事に注意すれば、ダイエットの効果が出てくると考えられます。基礎代謝を上げると、寝ていたり、体を動かさなくてもカロリーを消費する量が増えます。

体重と減量について関連ページ

増える体重のメカニズム
なぜ人間の体重は増えるのでしょうか?体重の増加には、しっかりとした仕組みがあった!これを理解すれば貴方も明日からダイエット成功者!
発芽玄米ダイエットとは?
発芽玄米を使って痩せるダイエット方法があります。いったいどんな方法なのでしょうか?ストレスがあまり溜まらずに、食事量も特に減らす必要がないときたら気になりますよね!!!
簡単に痩身する方法
簡単に痩身できる方法があれば実践してみたいと思うのが人間です。ここのコーナーでは、身近に出来る痩身術や、痩身に適したエステ店情報等を紹介しています。
内臓脂肪とダイエット
内臓脂肪とダイエットとは密接な関係があります。この関係を理解することで、より効率的にダイエットを成功することが出来ます。そのメカニズムについて解説しております。
エステサロンの痩身コースとは?
エステサロンの痩身コースとは?どのようなことをするんでしょうか?意外と知らない内容やポイントをご紹介しているページです。痩身効果でいったいどれくらいう痩せられるのでしょうか?
男性と女性の平均体重
我々日本人の体系が戦後大きく変化し、平均身長も高くなったと言われています。では、なぜ?この様な体の変化が起こっているのでしょうか?
女性の体型
女性の体型の特徴は、年齢によって差があると言われています。特に、30代になると体重が増えやすくなるのはなぜなんでしょうか?
痩せる方法
痩せる方法は、いろいろあります。しかし、基本は、摂取したカロリー以上の運動消費を行うことです。一言でまとめちゃうとコレだけです。しかし、年齢によって、消費カロリーが異なるのが痩せにくい理由なのです!
痩身と脂肪
ダイエットを行う上で痩身と脂肪と言うキーワードは、密接につながっています。特に健康に良い痩身とは、体に蓄積されている脂肪を効率的に燃焼し、ダイエットに適した体質にすることを指すためです。
男性の肥満
欧米では、3分の1以上が肥満ともいわれ、社会問題にもなっています。日本でもメタボと言うキーワードを良く耳にしますが、中年以降の男性の肥満は年々増加傾向にあります。
肥満の予防
肥満の予防とは実際問題可能なのでしょうか?肥満体質にならないための方法とは!
子供の肥満の予防
日本でも子供の肥満の予防は大変重要なテーマのひとつです。実際予防する方法はどんな方法があるのでしょうか?
顔が痩せる方法
小顔って魅力的ですよね!顔が痩せるってことは、全体的にイメージが変わってきます。もし、ほんの少しでも顔を小さくすることが出来たら・・・・そんなふうに思ったらこのページを読んでください!
リバウンドの仕組み
ダイエットの方法は、いろいろな方法があります。実践すればそれなりに効果は出ます。しかし、肝心なのはその体系をどうやって維持するかなのです!まずは、仕組みから理解しましょう。
リバウンドを防ぐには
ダイエット成功後の体系を維持するためには???そうです!リバウンドを防がないといけません。これはダイエット以上に大変ですのでしっかりと仕組みを理解してリバウンド対策を施しましょう!
メディカルエステとは
メディカルエステとはどのようなものなのでしょうか?このページでは、メディカルエステについて取り上げております!
カロリーコントロールの必要性
ダイエットを成功させるためには、カロリーコントロールをしっかりしなければなりません。
プチ豊胸のデメリット
プチ豊胸を考えているならば、良い面だけでなく、デメリットも十分に確認しておく必要があります