女性の体型

女性の体型

 女性の体型は様々で、太り気味の人から痩せ型な人まで、体重し身長のバランスによって変わります。年齢によって大きな差があるのが、女性の体型の特徴のようです。身長も体重も増えるのは10代半ばまでで、体はどんどん大きくなります。女性らしい体型になってくるのは10代の終わり頃からで、これは女性ホルモンが活発になるためです。女性特有の体型になり、胸やお尻の曲線が目立つようになります。胸とお尻がふくらみ、お腹が引き締まる成人女性の体型になるのが20代で、体重もプロポーションも整います。30代になると体重が増えやすくなり、ウェストや腰周り、下腹部に贅肉がつきやすい体型になってきます。

 

 皮膚のたるみが目立つようになり、胸やお尻が下がり気味になります。女性の体型は、40歳以降になると下半身のボリュームが減り、上半身のウエストまわりに脂肪が蓄積されやすくなります。何歳になったかで、体型は少しずつ異なっていきます。体型には個人差がありますが、女性であれば誰でもこのような傾向があります。女性も運動や食生活に気を付ければ加齢によって体型が変わってきても、自分で体型がくずれない様に維持することは不可能ではありません。

女性の体型維持と運動

 体型を崩さないためには、女性は運動が役立ちます。ダイエットとは異なり、食事制限や食生活を改善するだけでは、女性の体型は維持する事はできないものです。ある研究報告では、30分の運動を続けることができなければ30代以降の女性の体型は崩れやすいといいます。1日30分の運動は、女性には多くて厳しい様に感じるかも知れませんが、いろいろと工夫すればできない数字ではありません。

 

 女性の体型維持の為に、一番簡単にできる運動と言うとウォーキングがあげられます。これまでマラソンやジョギングの経験がないという人でもウォーキングならすぐに始められますし、無理な運動で三日坊主で終わりにくいものです。元々あまり運動をしないような人ならば、ウォーキングから始めてみましょう。ダンベルやフラフープなども、簡単に始められる運動のひとつです。背中のぜい肉を減らしたい人や、二の腕やウエストを引き締めたい人にはダンベルが向いています。

 

 短時間から開始し、体が慣れてきたら運動量を増やし、20分の運動を2セット行えるようにすれば、体も引き締まります。ダンベル運動で胸の上の筋肉を強化することは、バストの張りを取りもどす効果が期待できるといいます。フラフープをする場合は、お腹の部分でフラフープを回すだけの簡単な運動です。女性の太りやすいウェスト部分に効果絶大の運動です。インナーマッスルを強化する働きもありますので、女性の体型を保つだけではなく、健康に悪影響を及ぼすという内臓に蓄積された脂肪の代謝にも役立ちます。

女性にとって理想の体重

 現在の体重が幾つなのかは、多くの女性が気にしていることのようです。ダイエットをしている時は特に、100g単位で体重が増えたり減ったりするのが気がかりだという女性は少なくありません。標準体重という考え方がありますが、女性の場合は身長×身長に22にをかけます。

 

 もしも身長が160pなら、1.6×1.6×22という計算式になります。この場合、標準体重は56.3sです。とはいえ、本当に160pで56.3sの体型を目にしたら、満足する女性は少ないようです。少しぽっちゃり気味ではないかと判断する人が少なくないようです。そうでなければ、多くの女性が日夜体重を減らすためにダイエットに奮起している理由がありません。

 

 これ以上ダイエットをしなくてもいいと思うくらいの体重とは、日本人女性の場合は何sくらいでしょうか。身長を二乗し、その数字を20倍にしたものが、美容体重あるいは理想体重と呼ばれます。つまり、先ほどの例でいうなら、160pの女性の美容体重は51.2sとなるというわけです。最近は美容やダイエットに対する意識が高くなっている傾向もあります。美容体重でも重過ぎるのではと感じる女性も少なくないようです。

女性が理想とする体重とは

 では実際に、女性が理想とする体重はどの位なのでしょうか?モデル体重と呼ばれているのは、身長×身長×19の式により算出されます。もしもその女性の身長が160センチならば、1.6×1.6×19という計算になり、48.64sという数字が出ます。

 

 近年の20代の日本女性の平均身長が約159センチとうことで、160センチの身長を基準にそれぞれの体重を算出してみました。人によって身長は違うので目安の値となりますが、標準体重−4〜5キロが理想体重、標準体重−6〜8sがモデル体重となります。モデル体重より6〜8s多い体重が、標準体重といえるでしょう。モデル体重を目標にする場合、もしもその人が標準体重ならば、少なくとも6sはダイエットをする必要があります。

 

 健康な体を作るためにどのくらいの体重が最も好ましいかという観点に立った上で、標準体重が決められています。標準体重は、あくまで健康のことを考えた結果の体重です。成人病などのトラブルが発生しづらい体重であるといわれています。美容体重、または理想体重は、外見的な美しさを第一に考えた時の体重です。モデルや女優のようなすらりとした細身の体型を目指すには、モデル体重が目標になります。仕事の関わりでやせなければいけないという事情がなければ、あえて美容体重にすることはありません。ダイエットをする場合でも、標準体重をクリアしていれば女性の場合は問題ありません。

女性の体型関連ページ

増える体重のメカニズム
なぜ人間の体重は増えるのでしょうか?体重の増加には、しっかりとした仕組みがあった!これを理解すれば貴方も明日からダイエット成功者!
発芽玄米ダイエットとは?
発芽玄米を使って痩せるダイエット方法があります。いったいどんな方法なのでしょうか?ストレスがあまり溜まらずに、食事量も特に減らす必要がないときたら気になりますよね!!!
簡単に痩身する方法
簡単に痩身できる方法があれば実践してみたいと思うのが人間です。ここのコーナーでは、身近に出来る痩身術や、痩身に適したエステ店情報等を紹介しています。
内臓脂肪とダイエット
内臓脂肪とダイエットとは密接な関係があります。この関係を理解することで、より効率的にダイエットを成功することが出来ます。そのメカニズムについて解説しております。
体重と減量について
正しい減量の方法で健康的に痩せましょう。太るメカニズムを理解することで、30代40代、50代それぞれの年代にあったダイエット方法を選択して健康的に痩せましょう!
エステサロンの痩身コースとは?
エステサロンの痩身コースとは?どのようなことをするんでしょうか?意外と知らない内容やポイントをご紹介しているページです。痩身効果でいったいどれくらいう痩せられるのでしょうか?
男性と女性の平均体重
我々日本人の体系が戦後大きく変化し、平均身長も高くなったと言われています。では、なぜ?この様な体の変化が起こっているのでしょうか?
痩せる方法
痩せる方法は、いろいろあります。しかし、基本は、摂取したカロリー以上の運動消費を行うことです。一言でまとめちゃうとコレだけです。しかし、年齢によって、消費カロリーが異なるのが痩せにくい理由なのです!
痩身と脂肪
ダイエットを行う上で痩身と脂肪と言うキーワードは、密接につながっています。特に健康に良い痩身とは、体に蓄積されている脂肪を効率的に燃焼し、ダイエットに適した体質にすることを指すためです。
男性の肥満
欧米では、3分の1以上が肥満ともいわれ、社会問題にもなっています。日本でもメタボと言うキーワードを良く耳にしますが、中年以降の男性の肥満は年々増加傾向にあります。
肥満の予防
肥満の予防とは実際問題可能なのでしょうか?肥満体質にならないための方法とは!
子供の肥満の予防
日本でも子供の肥満の予防は大変重要なテーマのひとつです。実際予防する方法はどんな方法があるのでしょうか?
顔が痩せる方法
小顔って魅力的ですよね!顔が痩せるってことは、全体的にイメージが変わってきます。もし、ほんの少しでも顔を小さくすることが出来たら・・・・そんなふうに思ったらこのページを読んでください!
リバウンドの仕組み
ダイエットの方法は、いろいろな方法があります。実践すればそれなりに効果は出ます。しかし、肝心なのはその体系をどうやって維持するかなのです!まずは、仕組みから理解しましょう。
リバウンドを防ぐには
ダイエット成功後の体系を維持するためには???そうです!リバウンドを防がないといけません。これはダイエット以上に大変ですのでしっかりと仕組みを理解してリバウンド対策を施しましょう!
メディカルエステとは
メディカルエステとはどのようなものなのでしょうか?このページでは、メディカルエステについて取り上げております!
カロリーコントロールの必要性
ダイエットを成功させるためには、カロリーコントロールをしっかりしなければなりません。
プチ豊胸のデメリット
プチ豊胸を考えているならば、良い面だけでなく、デメリットも十分に確認しておく必要があります